基礎を水洗いして室内になる床下を清掃する

富山市/石金の家改修工事は基礎工事が終わって大工工事へと移っています。元々の基礎は床下換気口のある床下換気工法で、その工法からリフォーム後は基礎断熱工法へと変更させました。土だった床下には防湿シートを敷き土間コンクリートで覆います。換気口は塞いでしまい土台と基礎の僅かな隙間は基礎スカート断熱材を敷き込むタイミングでウレタンを充てんします。既存の土を土間コンクリートに変更したことで土中から侵入してく...続きを読む >

手すりをつけた玄関でホスピタリティを整える

階段に手すりがあると安心して昇り降りできるのと同じで、玄関に手が添えられる手すりがあると座って若しくは立ちながら履物を変えられる安心感があります。手すりは年齢に関係なくあれば家族にもゲストを室内へ招くにもホスピタリティが高い装置です。ただし難しいのが手すりの高さ。高さは床から何センチと大体使いやすい寸法が決まっています。子ども、お年寄りと身長に合わせたベストな高さを設定したい。横に付ける手すりの場...続きを読む >

スケルトンリフォームをやる意味

富山市/石金の家はまだまだ解体工事真っ只中です。天井裏、壁内と床下は40年前に建築された建物にありがちな状態が徐々に見えてきています。前回に引き続き在来浴室とトイレだった柱と土台はシロアリ被害に遭っています。これら木材は損傷が激しいため解体工事で全て撤去廃棄します。そして構造に支障がある工事がいくつか見受けられました。この施工はダメで建物を支える構造体としての機能をはたしていません。スケルトンにし...続きを読む >

スケルトンリフォームをやって良かったこと

富山市/石金の家は解体工事真っ只中。雪の影響がありつつ休みを挟みながら慌てず慎重に進めています。屋根と梁・柱を残した骨組みを露わにするスケルトンリフォーム。天井裏、床下、壁中とこれまで全く見えなかった部分は、解体されると徐々に目で見られる状態になってきます。見えなかったところが見えてきて突如現れるひとつに白蟻被害があります。スケルトンにすることで白蟻に喰われた構造体を発見することが可能になり、朽ち...続きを読む >

家の広さを決めるのは坪数だけではありません

家の坪数は、自分たちにとってどれくらいが適当な大きさなのか。家を建てよう。中古を買ってリフォームをしよう。そうしたときに、一体どれくらいの坪数が合っているかを決めるのはとても難しい。しかし誰しもが自分の経験値からのサイズ感は体に刷り込まれていて、何かしら「これくらい」という漠然としたものはあります。その漠然とした感覚は様々ですが、完成見学会へ出向き、友人宅へ遊びに行くなどサイズ感を具体的に確認する...続きを読む >

工事請負契約に至る前段階で行う業務について

工事請負契約に至るまでに行っている業務内容には大きく分けて6項目あります。①お客様との面談、要望などのヒアリング・打合せ②プランニング③プレゼン資料の作成④現地調査、敷地測量⑤役所調査、関係機関との事前協議⑥協力業者との協議、見積もり依頼になります。これら業務は少なからず経費が発生していて内訳として、人件費、交通費、通信費、証明書手数料などがあります。数年前までこの6項目全て無料で行い、プラン、概算見積...続きを読む >