スケルトンリフォームをやる意味

富山市/石金の家はまだまだ解体工事真っ只中です。天井裏、壁内と床下は40年前に建築された建物にありがちな状態が徐々に見えてきています。前回に引き続き在来浴室とトイレだった柱と土台はシロアリ被害に遭っています。これら木材は損傷が激しいため解体工事で全て撤去廃棄します。そして構造に支障がある工事がいくつか見受けられました。この施工はダメで建物を支える構造体としての機能をはたしていません。スケルトンにし...続きを読む >

富山市/石金の家の解体工事着工になりました

富山市中心部でのリフォーム工事が着工となりました。場所は富山地方鉄道不二越駅近くの住宅密集地。普段の散居村でのんびりムードとは違って、近隣が近いことや歩行者が多いこと。車両通行の道路が狭くて時間帯規制と都市部ならではの条件が揃っています。石金の家まで片道車で40~45分。これくらいまでの移動時間がフラグシップの施工範囲になります。竣工後のメンテナンスで急に駆け付けられる時間のリミットが45分と設定してい...続きを読む >

「次に控えている購入希望者が居ます」は本当なのか

土地購入はじめ中古住宅の不動産購入から相談を受けているフラグシップです。ただ宅建登録はありませんから、あくまでも建築のプロとして買主お客様側に同行する立ち位置。これまで立ち合った経験上、必ずと言って良いほど不動産業者より聞くフレーズがあります。「次に控えている購入希望者者が居ます」そして「早めに決断してください」と何度かお客様を介して聞く機会がありました。特に問い合わせが多い物件にありがちなフレー...続きを読む >