ベルギー製の薪ストーブ「ドブレ525CBJ」を使っています

徐々に寒い日が増えて日も短く夜の長い冬。暖房が欠かせない季節になって来ました。ビンテージモデルハウスはベルギー製の薪ストーブで暖を採っています。訪れられるみなさんに「暖かいですね」と好評をいただいている薪ストーブはドブレ525CBJになります。ドブレ525CBJは数多くある薪ストーブ機種の中では小型に分類されています。寸法はW525×D475×H790と縦長シルエットデザインでとてもコンパクトです。クリーンバーン式は炎の揺...続きを読む >

内装仕上げの材料にするために古材を洗浄して準備しておく

婦中町/発酵カフェループでは工事中オーナー自ら行うDIYがいくつかあります。そのうちのひとつにもともと使われていた木の材料を再利用するため、水で洗浄して材料となるようにスタンバイしておく洗浄作業を行って頂きました。広い板幅の古材が解体前の家にはいくつもあり使用する材料としてとても魅力的でデザインの幅が広がります。そのような貴重な材料を廃材ではなく材料として再利用できる価値はとても大きく設計に活かした...続きを読む >

整理整頓と清掃で気持ちの良い現場環境に整える

工事現場の整理整頓、清掃が行き届いているとお客様をはじめ、ご近隣や工事関係者とみんなが気持ち良くなれるのは30年あまり現場管理に携わってきて自信があります。資材や廃材があちこちに散乱している。材料がずっと雨に濡れている。入口や玄関、道路が泥だらけになっているともともとあった住まい、何も無かった更地が、工事現場になった途端に印象の良くない場所に変わってしまうのことはとても悲しいことです。ダンプ、重機、...続きを読む >

簾を吊るすことで室内側の温度を抑えられます

まだまだいつまでも暑い日が続きますね。残暑お見舞い申し上げます。お盆休みが過ぎたあたりからは暑さが和らぎ、朝夕涼しい体感はもうやって来ないのでしょうか。農作物の収穫に影響すること心配です。朝夕に上昇する室内温度は東と西の窓から入る日差しがひとつの原因になります。この日差しを簾で遮るとどれくらいの温度差があるのか非接触温度計で測定してみました。窓はLow-Eトリプルガラスの樹脂窓です。朝7時にガラス中央あ...続きを読む >

工事最後はオーナーと一緒にオイルフィニッシュで仕上げる

砺波/青島の家は最後の工程をオーナー自ら行うDIYで仕上げてもらっています。DIYは米ぬかから抽出したオイルを使ってフローリングに建具に家具に、無塗装の材料にツヤと少しの防汚効果を与えられるオイルフィニッシュを塗ります。オイルフィニッシュ成分は植物由来100%の油脂。誤って舐めても大丈夫なのと溶剤が0で臭いがなく換気が不要。安心で気軽に扱えるのはDIY向きで子どもが作業に参加しやすく、工事中はもとより入居後の...続きを読む >

木のカウンターに塗るのは植物油からできた自然塗料

造作家具のカウンターは集成材無塗装品でつくり、植物油と植物ワックスをベースにした塗料で仕上げるように設計しています。キッチン、洗面台等は水を弾く撥水塗料にして木を保護させます。デスクや玄関収納カウンターには耐久性、防汚性とツヤ出しのある塗料にして用途で塗料を使い分けるようにしています。最近木の集成カウンターを水廻りに使うことが随分と増えた気がします。僕の提案もさることながら「木は水や湿気で痛む」と...続きを読む >