富山市/石金の家に半年点検でお伺いして来ました

昨年末にお引渡しをした富山市石金の家へ、半年点検のため久しぶりにお伺いして来ました。ちょうど暑くなったタイミングで冷房運転の具合いを中心に、現在の住み方をお聞きするなどして近況を見てきました。リノベ前は草木が生い茂り隣家ギリギリの建物と家の周囲を歩いて廻れない状況は、風通しはなくジメジメした土地がとても住みにくい状態でした。そのためシロアリ被害に遭っていた家を、性能と機能を劇的に変えたリノベであっ...続きを読む >

窓上にある霧除けは小雨であれば効果絶大

この天気予報を見つつ台風被害が少ないことを祈るばかりです。梅雨時期が極端に短く逆に台風の季節が長くなるのかが心配。2020年の九州豪雨に昨年の土砂崩れと大雨による被害があちこちで起こっていて、台風接近には十分備えておきたい。このごろ夏空から一転した曇天と梅雨っぽい空。たまに降る雨に効果を発揮するのは「霧除け」これは窓上に取り付く小さな庇のことを差します。霧除けは名前そのもので小さくしとしと降る雨程度を...続きを読む >

インテリアショップでダイニングテーブルをお客様と一緒に選ぶ

砺波/青島の家オーナーと先日インテリアショップ、アートゥリーへ行って家具を選んで来ました。目的はダイニングテーブルとイスをどれにするかを選ぶこと。とは言え展示されている家具から選ぶことではなく、お客様へ提案したい家具の取り扱いがあるかどうかを下調べしてから来店しています。提案したい家具とは素材でありデザインであり雰囲気と、これまでお客様と打ち合わせしてきた中で「このお客様と設計した家であれば、ダイ...続きを読む >

すだれを吊るして機能も気分も上げて暑い夏を乗り切ろう

一気に酷暑に見舞われて本当に熱中症には注意して行きたい。現場では空調服が定番で着ていない職人はちょっとやばそうです。小休止をはさみつつ期間が長くなりそうな夏の現場を乗り切っていこう。暑さをしのぐ方法は沢山ありますが、日射を遮ることは体温、室温共に上昇させないとても簡単で素直な対策です。家であれば窓外にすだれかよしずが手ごろで、タープやシェードでもOKですし、とにかく日射遮蔽が一番暑さを感じる室温上昇...続きを読む >

造作キッチンの抽斗は金物レール選びがポイント

システムキッチンでは当たり前に装備されている抽斗。その抽斗を造作キッチンであってもしっかりとつくることは可能です。フラグシップでは家具やさんではなく、大工、建具工で製作する造作キッチンはその殆どを現場でつくっています。造作キッチンでは収納扉を、抽斗か開き戸かはたまたオープンと3パターンが提案できます。金額では抽斗が金物レールと造作手間から高くなり順に低くなります。今回はお客様の要望で多い抽斗をどの...続きを読む >

造作家具であってもメーカー既製品のように収納内部などにコンセントは付けられます

ほとんどのスイッチコンセントは壁に付いていてハンドルの大きさはシングルプレートで70×120ミリ。ダブルだと120×120ミリのシングルの約2倍サイズです。これらは壁内に電線をまとめるボックスが隠ぺいされていて、表面はプレートのみが露出している具合です。その構造から造作家具などにボックスを隠ぺいすることはほぼ出来ません。そこで使用するのは隠ぺいボックスが不要な家具用のスイッチコンセントです。ホテルのデスクカウン...続きを読む >