なるべくコストを掛けないようにする設計 階高編

150803 (4)
南側からの外観
軒高さをぐっと抑えてシルエットの良さを出します

150803 (3)
東側からの外観

150803 (2)
南東からの外観
こちらも軒高さを抑え、且つ下屋を設けることで品の良さが出ます


地元で古くからみんなが言っていることで
「建物は大きい方がいい」とか
「基礎や天井は高い方がいい」とか
「柱や梁は太いほうがいい」とか

あまり根拠がなく、富山人の感覚で「この方がいい」って言われていること
まだまだ根強く言われ続けていますし、聞こえてきます。

建物を大きく、天井を高くなどを優先すると
建築コストは跳ね上がってきます。

住宅の見積りは品物、部材の個数や面積(平米当たりや坪当たり)で算出します。
床面積や天井面積、外壁面積など、、、算出ヶ所がいくつもあり
その小計が合算され総工費としてはじき出されます。

例えば、階高を高くすると何があるか?
上記写真の家は、1階~2階までは2.6メートル。階段は13段で昇降できる。
これが3.0メートルの階高の家だと、15段必要になり、プラス2段多くなります。
すると、
2段分の階段材、大工さんの手間賃、外壁の見付面積が差額で増えます。

この積み上げで、5万増、10万増、50万増になる。
全体で何千万円になる見積りの内訳から、見えにくくなる少ない増額。

不要なコストを掛けない工夫として
階高や屋根勾配などは、結構大事。

家のデザインとコストは
設計士のバランス感覚がとても大切になって来ます。


こちらはただいま工事中の南砺市/天神町の家
2階建ての屋根高さが、後ろに見えるお隣よりも低いのが分かります。
150803 (1)
ムダを省き、快適な室内空間を実現する設計にしてあります



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する