またまた獅子舞ネタでごめんなさい

IMG_6099.jpg
隣り地区は大獅子で頭が金と豪華です

IMG_6095.jpg
皆さまお疲れ様でした


地区が近ければ、獅子舞の演目は大体似ている。
良くは分からないけど、元を辿ればひとつのお祭り。
段々と地域ごとに分散して、現在に至る様子は自然なものである筈です。

お祭りの日程は昔から同じで、自分たちがお祭りをしていれば
隣り町でお祭り(獅子舞)をやっていても、当然見る事はなかった。

しかし、僕らの自治会は4年前から社会背景などの事情から、決まった日にちではなく
10月の最終土曜日か、第四土曜日に獅子舞をすることに変更されています。

隣り地区は古くからの伝統日時そのままで獅子舞を執り行っている為、
僕らの自治会とは日がズレています。

これは見ておくべきだろうと。

そして初めて見る事が出来ました。
演目の舞や笛の音など、細かいところに僕らのところと違いがあることが分かった。

それよりも、獅子頭を振る動作や足の動きや、声出しの大きさやタイミングなど、
とてもキチンとしていて驚きました。

「これはまずいな」

正直思ってしまった。
これまでは、他地区の獅子舞を見たことがなく、結局は井の中の蛙大海を知らずで
「こんなもんかな」という気持ちが僕にはありました。

獅子舞には、家内安全家内繁盛、五穀豊穣などを祈願し各家を巡回します。
祝儀やお酒を獅子に献上され、僕たちはその事に感謝してまた舞う。


今回は獅子舞の意味を再確認することが出来て、気づきがありいい時間となりました。
次は一年後となりますが、この出来事を忘れずに心に留めておきたいと思います。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する