家に軒や庇ってやっぱり必要だよね 富山編

0822 (2)  0822 (1)
軒は家に日陰をつくってくれる  ちょっとした小庇があるだけも、雨と埃で窓が汚れなくて済むね

0822 (3)
季節外れですけど冬の雪の日
地面に積もる雪の跡を見れば、軒の効果が良く分かります
家の周りを除雪しなくてもいいんだぜ!


ここ最近の天気は気まぐれっす。
突然雲行きが怪しくなって来たなーと思った矢先に。
ドドーン。
落雷と同時に雨が一気に降ってくる日が続いています。
全国でも災害が多発して、悲しいニュースもあるので十分用心と備えをしなくてはと思います。

突然の雨で、「助かったー」とか「吹き込んでなかったー」と日頃の暮らしで思うシーンがありますね。
この季節は、暑いから窓開けをして通風をとり、室内で過ごすことが多くなります。
そんな時に突然来るが夕立や雨。
厄介です。
これに対応してくれるのが軒!庇!!

ある程度の風や雨であれば、窓を開けておいても窓際に吹き込まないで、
風を通すことが出来ます。
窓が開けられずにいると、だんだんと室温が上り不快になるのでエアコンは
つけざるを得なくなる。それか頑張って扇風機でしのぐか。

またこの季節の陽射しは強烈ですよね。
軒や庇が直陽射日光を遮ってくれることで、日が当たる表面温度はあまり上がらない。
特に窓に関して冷房の効きにでっかく貢献してくれます。
ただ朝日や西日は真横から射すので、すだれなどで対応しなきゃなりませんが。

家のデザインや建築費用などの理由から、軒庇が省かれる家が増えています。
住んでから、「雨が吹き込んで窓が全く開けられない」と後から気がつく人って意外と
多くいらっしゃるのではないかな。

しかし雨量が半端ないのは異常やわ。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する