地域防災士研修



昨日今日と富山県広域消防防災センターにて防災士研修を受けて来ました。
地区自治会推薦で僕を含めて2名が選ばれ、朝の9時から夕方6時まで二日間みっちりと学んで来たのです。最終日には試験がありそれに合格をしないと防災士には認定されません。合否は再来週となりますが結果は如何に?苦笑

防災士とは日常から防災についての啓蒙や啓発活動を地域で率先して行い、もし災害が発生した際には災害本部を設置し避難や救援救護行動を本部長などと調整し陣頭を取るような仕事となります。

それぞれの講義を受けましたが、講師の方が口を揃えて仰っていたのが「地域のコミュニケーションがとても大切」と。分かり易く言えば、地域に住まわれている人全員の顔や素性を皆で知ること、と。他には「行政に頼るな」でした。仮に災害が発生しその場に救急車や救助隊が到着する時間を待つより、自ら行動を起こす。
いつ何が起こるか分からないのが災害。どれだけ落ち着いて自らが行動出来るかが減災に繋がるのだと教えられました。
試験に合格した際には自分に何が出来るかを皆と相談し活動出来ればと思います。受かればの話しだけど。。。笑。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する