段差を無くして使いやすくした洗面脱衣室

「狭い洗面室にある洗面台と脱衣スペースが使いにくくて困っている」

相談会に来て頂いたのがきっかけで、現状困っていることとどうにかそれを改善して、普段をもっと使いやすくしたいご希望がありました。お話を伺い、後日改めて訪問して現地確認してきました。

約一坪の洗面脱衣室は半分が樹脂バスリブの床で、段差を境に半分が土間となっています。下がった段差には洗面台と洗濯機が置かれていて、使用する際は履物を履くか、バスリブ床より横向きで使うなど想像するだけで使いにくい状況でした。

提案は段差を無くしてフラットにすることと、ブロック造の湿気とカビ対策より内装仕上げに無垢の杉板を全面張りすること。そして狭い空間にフィットする造作洗面台にして、スペースの無駄を省くようにしました。

段階の解消はつまずき防止と暗がりでも危険がなく移動がスムーズで安心して使えるようになりました。これで一坪の床面積が劇的に使いやすくなって良かったです。

内装板張りは湿気対策の効果と、DIYで棚を付けるのに下地代わりになるからいい。湿気対策なら珪藻土もいいです。ただ空間が狭い場合は、大工さんだけで仕上げられると限定した業種で作れるので全体コストを抑えられますからおススメです。

造作洗面台は空間の有効活用と、一点もののオリジナリティがある。どんどん使い込んで行くことで愛着が湧き、いつかタイルを貼ってカスタマイズするのも楽しいです。

▼フラットシンクで使いやすくなった
20190709 (5)

▼洗剤を載せる棚などはこれからDIYで整えて行きます
20190709 (6)
20190624 (16)

▼床仕上げが変われば劇的に気持ちよくなる
20190624 (21)
20190709 (16)


▼7月のDIYスタジオオープンは以下の日程になります!
7/12(金)13(土)14(日)15(月)9:00~/14:00~
7/26(金)27(土)28(日)29(月)9:00~/14:00~

◇利用時間と料金
9:00~12:00/14:00~17:00
※12:00~14:00までは昼食とスタジオメンテナンスのために休憩をいただきます。
3時間:2,160円/1日:3,240円(いずれも消費税込)

◇利用方法
お電話またはメールにてご予約ください。ご予約の際に、希望の日時・人数・使いたい工具などお知らせください。
作業台、工具、消耗品(ビス、釘、サンドペーパー、ボンド、マスキングテープなど)は無料で使えます。材料はご自身で用意ください。スタジオ内にある端材は無料で自由にご利用いただけます。

◇ご予約・お問合せ
電話:0763-37-2551
メール:info@flagship-style.jp お問合せフォームからもどうぞ

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する