美容室で髪を切る

昨年富山市でお手伝いさせてもらったヘアサロンhanaでヘアカットしてもらいました。

オープンしてから、どんな感じのお店になっているか見るのも楽しみなこと。壁、天井仕上げ、什器と設計したものから、観葉植物、雑貨、小物とオーナーのテイストをミックスされると、何もなかった空間がガラっと生きた場所へ変化するのが面白い。

元飲食店だった店舗住宅を中古購入され、和風内外装から今のヘアサロンへリフォームしています。ただドアや枠、天井板が無垢で再利用価値が高い。生かせる材料は、塗装や加工でひと手間加えて蘇らせています。

住宅と同じように、お店のリフォームでも動線が肝心です。お客さんが、店主に迎えられ入り口からどのように入って、セット面に通されるか。カット後に向かうシャンプー台の位置。お子さんが居れば、カット中に見えるような場所にコーナーがあるか。

自分がお客さんになってみて気がつくこと。ヘアカットをしながら確認していました。間仕切り壁の立てた高さは問題なかったか。床段差を付けてゾーンを視覚的に区切る手法が機能しているか。小さな床面積に凝縮されたそれぞれの居場所は、小さな住宅と全く同じ考え方です。

特定の人が使う住宅と違い、不特定多数が出入りする店舗はまだまだ勉強することが多いですが、店舗設計はこれから少しずつ増やして行きたいコンテンツです。
DSC_0074.jpg
DSC_0069.jpg
DSC_0077.jpg
DSC_0079.jpg
フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する