模型を製作して外観の印象を考える

プランがまとまれば必ずホワイト模型を製作しています。これは建物単体のプロポーションとルックスを確認することと、家が街と近隣に与える印象はどうなっているかを見ています。

そしてどこに木を植えて、車庫と玄関、道路から玄関までのアプローチをどう取るか模型を見て考えています。2台分の車庫は大きな面積で、小さな敷地の場合はとくに気をつけたい。

アプローチは長さや曲がり方、街と家の間に木を植えて家の中から見た時、道路から木を介して建物を見た時と印象はどのようになるか。模型の段階から木を植えて位置を確認するようにしています。

家は基準法を遵守すれば個人が好きなように建てられます。家の高さ、外壁の色、木を植える、塀を立てるなど、地域で定めた協定がなければ自分の思うようにできます。

好きなようにと言っても、「いい感じ」「こんな家に住みたい」と街を見渡せば、このような印象のある家に出会います。どこにそう思うことがあるのだろうか。それを解決する糸口になるのが模型です。模型にある家と木がなぜこの形でこの位置にあるか、良く見て考えています。

▼高さと配置を見るために木を植え、アプローチの在り方をみる
fc2blog_20190129114416c9f.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する