無垢テーブルに塗布するクリア塗装

これまで無垢材のテーブルには、米ぬかから抽出したオイルを塗っていました。オイルはフローリングと建具、カウンターと室内にある無垢材、突板、集成材に塗布して、ツヤ出しと一定の汚れ止め効果が得られていました。

そして無垢材のテーブルにある特徴で、水を垂らすと表面に吸水し輪染みが起きやすい。グラスの水滴からの輪染みはやはり気になる。無垢の表情を損なわずに表面で撥水できる塗料がないか探していました。

塗料を選択する際に決めていることは、
①臭いはキツくないか
②お客様が容易にメンテナンスは可能か
③人体に影響は少ないか
このように順番を決めて選択しています。特に①は重要なポイントで、臭いから刺激されて身体が不調となってしまうことは避けなければなりません。

試しに選んだのが、オスモフロアークリアーつや消し。ヴィンテージハウスR322のダイニングテーブルに塗布してみました。

2回塗りが基本で、乾燥間隔は3~4時間。道具はコテバケを使用してテーブルに均一に塗布します。1回目の下塗りは表面にうっすらと載った感じ。臭いは亜麻仁油のツンとした酸っぱい臭い。不得意な方は少し避けたい臭いです。2回目の上塗りはグッと腰があり、コテバケの滑りがひっかかる感じでした。

つや消し無垢の質感は、自然な木とはちょっと違い、塗料が載っているように見えないでもないです。撥水効果は抜群に発揮されました。

これからテーブルを使いこみ、撥水、防汚と調子を確認していきたいです。

▼水はしっかりと弾いてくれています
20181004 (1)

▼腰があるので、コテバケは引いて使う


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する