造作丸テーブルのつくり方

DIYで丸いコーヒーテーブルをつくってみました。

丸テーブルの特徴は角がないので、人数制限がなく使えるところがいい。丸の大きさに寄りますが1100φであれば頑張って6人は着けます。食事をするなら食器の点数があるので、1100は欲しいところ。食事は別として、お茶をする、書き物や勉強をするなら900φの大きさで十分使えます。

900φはベニヤ規格寸法にある910×1820の通称サブロクで2つ取れる計算。この900を基準にしてテーブルをつくります。幅900か丸900のテーブルは材料に無駄なくできるのでおススメです。

丸テーブルは900×900の中心から、切断する墨は円を描くように出します。中心に釘を打ってそこにタコ糸を巻き、円をケガくイメージです。

ケガいた墨はジグソーを使って切断します。ジグソーはゆっくり回しながら動かします。ここで切るスピードは慎重にして、遅く切る速度だとキレイな丸に切断できます。切断面はバリがあるので鉋かサンドペーパーでヤスってください。

そして脚は鉄工所で造作したオリジナル鉄脚を使います。鉄脚にはプレートが溶接されていてビスが打てるように孔があります。切断したテーブルの裏側に正三角形を描いて、脚をビス固定すれば完成です。

鉄脚は細くしたので多少揺れますが、寄り掛からなければ問題なしです。900φは小さめなので、コーヒーテーブルとして活用。ダイニングテーブルにする場合は1100φがいいので、サブロクを幅継ぎしてつくります。上級者はぜひ。

木の天板と鉄脚の組み合わせはDIY向き。それ以上に仕上がりは上々なのでDIY満足度はかなり高く造作テーブルがつくれます!

▼中心に釘を打って、たこ糸を張り円を描く


▼ジグソーで切断。いい具合に丸になる


▼天板にビス固定


▼オイルを塗って仕上げました


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する