再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価

今月5月より電気料金が値上げされます。上がるのは単価、基本料金ではなく再生可能エネルギー発電促進賦課金のこと。

北陸電力の4月までの再生可能エネルギー発電促進賦課金は1kWhあたり2.64円。5月からは0.26円値上げして、1kWhあたり2.90円になります。

賦課金は消費電力に単価を掛けているので、家計を抑えるためには消費電力を抑えるしかなくなります。これからの時代、エネルギーは電気にシフトしていて、自動車を含め身の回りのものは電気がないと殆ど動かない。どうすれば家計の負担を抑えられるか。

昨年同月と消費電力が同じにもかかわらず、電気料金が上がってしまっている現状。毎月の電気料金明細書をつぶさに見られている方は気付いていると思います。一体どこまで賦課金単価は値上げをするのだろう。

地味に効いてくる賦課金の値上げ。この制度自体一体どうなっていくのだろうか。


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する