照明は器具を選ぶのではなく、灯りの在り方を考える

住宅で照明が必要なときは明け方と夜。

照明を選択するときの考え方は、昼間のような明るさを求めないことです。それは「夜は暗いもの」だから。ですから部屋も暗いくらいがちょうど良い。

ヒトは日中に活動して夜は心と体を落ち着かせて眠りにつく状態になっていく。心と身体を癒し、眠りへ移行するタイミングの夜に必要なのは月明りくらいの明るさ。昼間の太陽の明るさを夜に求めてしまうと、体のバイオリズムが崩れてぐっすりと眠れない。だから照明は暗いくらいが丁度良いのです。

また器具を付ける高さはとても重要。夜に必要な明るさは低い位置にあると理想です。壁付けやスタンド、ペンダントと灯りの重心を下げることです。それは昼から夜へ切り替わる日没のイメージです。天井にある照明は日中の太陽と同じような感覚なのでなるべく避けたい。

照明、灯りの在り方を考えると、器具を選ぶのではなく灯りの場所を考えること。灯りがあるとそこが居場所のようになります。空間の天井にひとつ大きな照明があると、逆に居場所が間延びするような感覚さえ覚えます。

照明は器具選びではなく、灯り在り方です。灯りは足りないくらいがちょうどいい。

▼明るさを抑えて、ぼやっとした優しい印象
SORA7332_1.jpg
20161018_031.jpg
20160522_086.jpg
140609_139.jpg


住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する