無印良品の収納用品に合わせた造作家具

0 -
お手持ちの収納用品に合わせてつくれるのが造作のメリット。モノや洋服などの寸法と日本の収納事情を考えたデザインが魅力の無印良品収納用品を愛用されている方は多いでしょう。その無印良品の収納にドンピシャでつくった収納棚をご紹介。

ひとつはポリプロピレンのケースをキッチンの棚に入れてあります。ケースにはラップや調味料のストックなど細々したものを入れてあります。ケースは引出して利用するので使いやすい。

引き出しを造作にすれば扉と面材を合わせてスッキリと見えて良いですが予算削減からオープン棚にして無印良品の収納を合わせて使うことを前提として設計。棚はダボで可動式。深いケースに変更しても対応が可能です。

もうひとつがポリエステル綿麻混と硬質パルプの収納を本棚に納めた事例。本の奥行きと高さと収納の外寸を考慮して設計してあります。こちらは本が重たいので棚板は全て固定式。板が動かせない分棚の高さはキッチリと決めてつくりました。

手持ちのもの、これから購入予定のものと棚に置きたい収納の寸法が分かれば、それに合わせてつくれる造作家具はおススメです。

▼キッチンの棚に入れたポリプロピレンのケース
SORX6102.jpg

▼本棚兼用収納棚に入れてあるポリエステル綿麻混と硬質パルプのケース
SORX5993.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事
ページトップ