暖かくなる前の庭木の剪定

ヴィンテージハウスには元々杉の木がたくさんあり、購入後最初に手を入れたのが屋敷林の伐採でした。兎に角森のような庭が湿気ぽく、見た感じの印象が良いとは言えず、白アリが好む環境と、建物以上に改善したかった庭。木は全て伐採をせずに一部残して、防風とこれまでの景観を継承することで、意味のある屋敷林を形成するために、2年越しで庭師さんに剪定して整えました。剪定してある程度透かすと、葉に光が当たって光合成でき...続きを読む >