車椅子対応の家で設計する必要はない

30、40代のお客様からの要望で、たびたび聞く「車いすに対応するため」の何かを、設計に盛り込むこと。今車椅子の暮らしで緊急に必要なため設計に盛り込むのではなく、「将来車椅子になった場合」に問題なく暮らせるようにと。お客様から「車いすに対応するため」に、アプローチにスロープを設置したい。玄関の段差をなくしたいなど、比較的取り入れやすい希望をお聞きします。しかし基本的にそれらの要望は見送るようにおススメし...続きを読む >