2018年ありがとうございました!

本日28日がフラグシップの仕事納め。ヴィンテージハウスを掃除して神棚のお供え物を全て取り替え、注連飾りを掛けて納めとなりました。2018年は創業5周年の節目。その節目に現在の頼成322へ会社を引っ越して来ました。古い空き家を改修したヴィンテージハウスはオフィスの他、DIYスタジオとキッチン付きラウンジとして、フラグシップと家づくりを供にするお客様以外との交流ができる場所として利用して頂きました。家づくりはこれ...続きを読む >

薪ストーブのガラスについた煤をキレイに落とす方法

今夜あたりから年末にかけて、寒波到来の予報が出ています。いよいよ薪ストーブ本格稼働のシーズン突入になります。ヴィンテージハウスの薪ストーブは先週あたりから火を入れ始めました。ストーブ初心者、初シーズンで扱いに試行錯誤の中、どんな活躍をしてくれるか今から楽しみです。ストーブ本体は薪ストーブやさんが店頭で使っていたもの。慣らし運転十分な状態からヴィンテージハウスに届いたので一気に本格稼働させています。...続きを読む >

断熱改修をして冬の寒さに備える

先日から行っていたヴィンテージハウスR322のリフォーム工事が、本格的な寒さが来る前になんとか終わりました。寒さを解消するために残っていた断熱工事。リフォーム前は断熱が不十分な仕上がりで、今回は2階床に断熱材を敷き込みました。断熱は熱の移動を限りなく少なくすることです。熱の移動が少ないと、冷たい外気が室内に入ってこなくなり、暖かい室内の熱は屋外に逃げにくくなり、暖房器具の効率が良くなる。熱の移動が少な...続きを読む >

鍋島の家お引渡しができました

6月より着工していた「鍋島の家」先日無事にお引渡しが済みました。土地の購入から家づくりが始まったK様。知り合いの情報から不動産市場に出回っていない土地を、いくつもある課題をひとつひとつクリアして購入に至りました。土地購入前からフラグシップに相談を頂いて、一緒に現地を確認させてもらい土地の特性をその場でご説明していたことが思い出されます。とても暑い日でした。間口が狭い変形地。車庫と住宅を敷地に対してど...続きを読む >

造作家具の抽斗は大工さんと建具やさんでつくる

造作で抽斗をつくる場合は、大工さんと建具やさんの協働でつくります。どのようにつくられているか、興味ある方がオープンハウスでとても多かったです。カウンターと側板から構成されるキャビネットは大工さんが造作します。カウンター材料は木、タイル、ステンレスなどあり、お客様の用途に合わせて選択。側板は材料の歩留まりと家の雰囲気から、ランバーコアか集成フリー板で組みます。キャビネットを組む前に側板に抽斗レールは...続きを読む >

オープンハウスの御礼

15,16日の2日間に開催した鍋島の家、オープンハウスに来て頂いた皆さまありがとうございました。そして、年末の引っ越し間際の日程にも関わらず会場を提供してくれたオーナーK様、ありがとうございます。15日はうっすらと雪が積もる中で、16日は早朝に氷点下と寒い一日から始まりました。ただ日中は日が差して、日射と暖房で室内は暖かい。その効果を肌で感じてもらえる2日間となりました。木の香り。オープンなプランニングの大ら...続きを読む >