薪ストーブを暮らしに取り入れたいひとへ

段々と寒くなって薪ストーブの季節が到来です。人生で初めて薪ストーブを使った冬をヴィンテージハウスR322で体感することになる。揺らぐ炎と薪のはぜる音は情緒があり、情熱的。そして暖が採れる暖房器具。単なる暖房性能以外に、煮込みやピザと調理ができる優れた機種があります。ヴィンテージハウスはベルギー製のドブレを導入しています。サイズは小柄で薪長さは最大40センチが投入できます。愛らしいシルエットと小柄ながらに...続きを読む >

タイル仕上がりを確認

仕上げ工事と外構工事の追い込みに入った鍋島の家。暗くなる時間が早く、灯りをつけて作業にあたってくれる職人に感謝です。造作キッチンに貼ったボーダータイルが綺麗に仕上がっているのを見て、ほっと一安心。タイルはひとつとして同じものがないのと、サンプルは小さく実際に貼ってみないと仕上がりが分からない。分からないながらもイメージを膨らませ、全体の仕上がりを描き選択します。壁紙を張るとぐっと雰囲気が出てどのよ...続きを読む >

構造性能に優れているには根拠があります

工務店やハウスメーカーに新築工事を依頼すれば、構造についてしっかりと設計してくれる。このようなイメージを持たれるお客様は多い。では構造についてしっかりとした設計とは何か。フラグシップが提案する構造設計は、構造計算、許容応力度計算を、自分たちが計算ソフトを使って一棟一棟確認することです。許容応力度計算とは、荷重や外力がどれだけ作用するか、どれだけ耐えられるように屋根や床を支える梁にどの樹種を使い、寸...続きを読む >

キッチンや洗面台にタイルを貼る

造作家具仕上げにタイルを使うことで、機能とデザイン性を兼ねたオリジナルなものをつくることができます。目地汚れが気になるためタイルの他、ツルっとしたメラミン化粧板のキッチンパネルはメーカーからは多く出ています。フラグシップでも予算やプランから使用する場合はあります。鍋島の家はキッチンを中心とした暮らしのスタイルから採用になった造作オープンキッチン。オープンキッチンだと家族はもちろん来客の目に入るから...続きを読む >

吹抜けにあると楽しいキャットウォーク

上下階の縦空間をつなぐ吹抜けは、階段と同様に光と空気の循環が行われる役割があります。そして1階と2階の空気感をつなぐことができて、上と下で分かれているけれど家族の気配を感じられる。吹抜けの効果にひと手間かけた遊び的な要素がキャットウォーク。例えば、部屋と部屋をつなぐブリッジとして掛ける。吹抜けにある窓を操作するために歩く通路。その床に腰を下ろしてただ読書。何かをするための装置と限定しないのがキャット...続きを読む >

小上がりの床下を利用した収納

床を1段嵩上げしてベンチやソファの高さにする小上がり。そこに腰かけて本を読みテレビを鑑賞し、そのまま寝転がれるように仕上げを畳にすることが多い。フラットな床から繋がる段差のある床は、空間を視覚的、物理的に区切ることが可能。なんとなくエリア分けされたようになるので、広い場所にちょっと居場所ができる。床を上げると床下空間が生まれます。そこを利用したのが引き出し式の収納。段差は腰かけと、よいしょと上がれ...続きを読む >