どんな家を建てたいか以上に、何処に住むかをよく考える

お客様から相談を受ける。要望を聞き設計をまとめる。工事をして完成させる行為は、僕たちの提案以上に、お客様からお話を伺うことで学ばせてもらうことが多々あります。先日お客様の相談を聞いている時にもなるほどと、とても共感することがありました。それは「家の仕上げをどう拘るか、中古住宅がどのような状態であることも大切だが、住む地域に歓迎されそうか、どんな人たちが既に住んでいるか」と家への思いより、地域の状態...続きを読む >

リフォームするなら断熱改修をおススメします

少し前から着々と進めている南砺市のリフォーム工事は、大工工事が中盤に差し掛かっています。暮らしの快適性を底上げする断熱改修をベースに、間取りを整え、内装仕上げを明るく、段差を解消してストレスを感じさせないリフォームを行います。断熱改修の基本は高性能サッシに入れ替えて、断熱材を隙間なく充てんすることです。リフォームする範囲を限定して、常にいる場所や寝室、トイレなど予算との兼ね合いからゾーン断熱として...続きを読む >

現場PRを考える

試行錯誤しながら、現場から発信される情報をもっと感じ良く、そして現場を拠点とした広範囲の人々にどんな工務店なのかをもっと知って欲しい。その為に必要なことを考え実行してきていましたが、まだまだ足りない。工事現場は、工事車両の路駐、喫煙問題、ムダ話、騒音と、既に住んで居られる近隣の方からすれば迷惑しかない。出来るならば工事は無い方がいいだろうし、一日でも早く日常の暮らしをしたいと思われている方は殆どで...続きを読む >

定期点検をすることの大切さ

新築工事でお引渡しをしてから、定期的に行っている点検に行って来ました。定期点検は、設備機器の動作確認や壁紙の割れ、外壁の損傷などを点検することがひとつの目的。劣化事象や経年変化を点検すること以上に、これだけは押さえておきたいことを目的にしています。それは1年2年5年とお客様の暮らしぶりがどのようであるかを真摯に伺い、自分の設計を見つめ直すことが最大の目的です。例えば、建物と車庫の配置計画。車を停めて...続きを読む >

インスタ、ピンタレストとSNSは使い方次第

調べものをするときに、スマホが身近なアイテムになった現代はアプリを使えば簡単に情報を得られる時代。操作は手軽で、通信料のみでどれだけでも閲覧、操作が出来てしまう。ハッシュタグで検索するインスタや、ピンした画像に似ているピンを検索するピンタレストと「欲しい」と思える情報を早く検索して保存が可能なのがメリットです。手軽に扱える反面、情報量が多くなりがちで、ただ溜め込むだけだと、画像は取得しているけれど...続きを読む >

ウッドデッキの塗装は天気が良いときにできるDIY

ヴィンテージハウスR322にはウッドデッキが3カ所あります。2ヵ所は軒が大きく張り出しているので雨は当たりにくい。1ヵ所は軒が全くなく太陽と雨が常に当たる過酷な場所。ウッドデッキの耐久性は、塗装がどれだけ劣化しているかで長いか短いかの違いがあります。デッキ材は、ウリンやイペであれば塗装が不要な材料でメンテはほぼ無い。ただ高価なことと、できれば国産の木を使いたい意図からヒノキを提案しています。ヒノキは手に...続きを読む >