左官外壁下地を木でつくる

外壁を左官で仕上げる場合は、仕上げ材を何にするかを決めると同時に下地の施工方法を拘るようにしています。外壁左官は湿式工法のモルタル塗りを下地として、仕上げは漆喰で塗り上げます。漆喰の歴史は長く、現在は材料の質が改良され白色が長く保たれる材料となった。また漆喰は強度が高く硬いため、割れが入りやすい特徴がありますので、クラックが気になる方に左官仕上げはおススメできません。太郎丸の家では漆喰塗りを採用し...続きを読む >