地縄を張って大よそのイメージを掴む

新築工事の現場で最初に取り掛かる作業は、実際に建つ位置を示す「地縄、じなわ」を張ることです。縄と言っても荒縄を使うのではなく、張るのはビニルテープナイロン紐になる。地縄を張って確認することは、隣地境界線や道路境界線からの建物の離れ距離に建物の大きさ。また前面道路から玄関がどのように見えて向きはどうか。アプローチの長さや、動線の折れ曲がり具合など。お客様に特に見て貰いたいには、縄を張ってお隣との関係...続きを読む >