窓を取り付ける施工方法

太郎丸の家の改修では、窓(サッシ)を全て刷新しています。断熱性能を向上させる手段として、先に上がるのが断熱材の素材や厚み。しかし実際の熱の出入りは壁、床、天井より開口部となる「窓」が一番熱移動の多いところ。断熱改修でまず予算を取りたいのは窓を全て交換して、且つ高性能な窓にすること。そして窓は外部に晒されているので防水と気密はしっかりと取りたい。住宅の瑕疵担保責任保険のかし保険設計基準であるように、...続きを読む >

リフォームとリノベーションの違い

この5,6年の間で、リノベーションと聞いてすんなりと入る感覚になって来た人は多い。10年前を思い出すと、「増改築」、「営繕」と呼んでいて、それらをまとめたように「リフォーム」と使っていました。そして今は「リノベーション」と呼ぶ。リノベーションと言葉だけが単純に「かっこいい響きだから」「今風でうけるから」と言葉の意味や提案している仕事の取組みと関係なく、呼び方だけそうしている場合はないだろうか。リフ...続きを読む >

地下水を家庭の生活水として利用する

上水道の整備がされている地域であっても、井戸を掘り地下水を飲料など生活水として利用する場合があります。これから工事を控えている鍋島の家では新しく井戸を掘っています。上水道は公共で整備されたもので、井戸水は個人で整備する点が大きく違うところ。上水道は役所へ納付金を納めて且つ毎月の基本料と使用量に合った料金を支払います。井戸は汲み上げるポンプの電気代の料金だけなのでランニングは抑えられる反面、掘削工事...続きを読む >

氷見で行われたマルシェ「みなとがわのみのいち」

先日氷見の湊川沿いにある、大正時代に建てられた蔵を使ったイベント「みなとがわのみのいち」に行ってきました。毎月第3日曜に開催しされていて、県内のショップがいくつも出店していました。すでに知っているお店やここで初めて知ったお店とあり、とても賑やか。とにかく人の多さにびっくりです。蔵は氷見市が管理している建物で、イベント以外普段は賃貸として出しています。一つ屋根の下に個室が5、6室連なっている間取り。...続きを読む >

富山市のヘアーサロン「Hair Salon Hana」

2015年にお店のデザインと内装工事をお手伝いした「Hair Salon Hana」。オーナーMさんが産休と育休のため今月より長期休暇をされます。しばらくはお会いできないので、休暇前ギリギリのタイミングでカットをしてもらいに伺ってきました。オーナーは前職から独立して自分のお店を開業された経緯を持つ、いつも元気で笑顔がステキな方です。カットの他、着付けができるので、結婚式の前撮りや成人式とシーズンは忙しくされている...続きを読む >

古建具をリペアして再利用する

ヴィンテージハウスR322の建具は元古家にあった建具をメインに再利用しています。古建具を使う場合に考えていることは、もとの表情を変えずにそのまま使うこと。リメイクすると現況より表情が変わり過ぎて、再利用する価値が薄くなる。新しい価値を付け加えるより、もとあった健全な状態にリペアして使った方がそのもの単体の価値が維持できそうだからです。昭和40年くらい以前の一般的な民家で使われている建具は、大体が木で作...続きを読む >