内装リフォームがだんだんと見えてきました

ヴィンテージハウスR322は大工工事が佳境に入っています。内部仕上げの状態が分かりやすく見えてきたところの設計を改めてまとめてみます。▼エントランスを介して入口から入ると、天井には梁と天井板を現したリビング空間。ちょうど大工さんが居るところが土間で履物はこちらで脱ぎます。窓際にテーブルを置いて来客応対やお客様の打合せはこちらで行う予定になります。ハンドルのある窓は引き戸になっていて外に出入りが可能。テ...続きを読む >