「丸山の家」無事に上棟しました!

八尾町/丸山の家 進捗報告大安吉日の本日、丸山の家が無事に上棟いたしました。前日は一日降り続く雨。それから打って変っての快晴と風もなく本当に最高の建て方日和となりました。棟梁はじめ大工6名がクレーンを使って順序良く組み上げていく様子は何度見ても感動的です。お客様にとっても感動の連続は同じで、柱が建ち梁を順に掛けられるスピードを見てとても驚かれていました。フラグシップでは定番のとやま杉の梁、国産の杉...続きを読む >

電子レンジを収納棚の中に納める

キッチン廻りにはたくさんの家電があり適当に置くとどうしても煩雑になる。何とかすっきり納める工夫ができれば掃除も行き届きやすくなります。たくさんの家電を挙げてみると、炊飯ジャー、電子レンジ、トースター、コーヒーマシーンや電気ポットなど。これ以外にも暮らし方次第で機器が多い人も。家電は使うときに出せるものとそうでないものがあるけれど普段は出しっ放しで、ここぞという時だけ仕舞う使い方なる。キッチン家電の...続きを読む >

「家づくりに外構は外せない」

空き家R322の伐採が終わり敷地にストックしてある丸太と枝葉。それらの活用と処分はしばらく置いておくとして、庭の手入れを出来るところから始めてみました。建物をリフォームすると同時に庭に手を加えて、外構から家、家から外構と線でつながる設計をしたい。図面を描いて悶々すれば現地で黙々と草取りやら掃き掃除やらを行って気分を盛り上げる。ホント新緑が眩しくて庭の木々に囲まれていると幸せな感じになるのはなぜか?家そ...続きを読む >

寝室の位置はどこが最適なのか

朝が随分長くなってきた4月中旬。その分夜が短くなっていて同時に睡眠時間が夏型に切り替わってくる時期。朝日が昇って寝室が明るくなることで「早起きする人」「もっと寝ていたい人」に分かれます。朝日を感じてぱっと起きたい人。なるべくならまだ寝ていたい人。例えば東向きの寝室。朝日が昇ってあたりが明るくなって太陽の動きに合わせて起床するなら東側が良い。逆に西や北向きの寝室だと朝日が差し込むことが避けられて朝少...続きを読む >

屋敷林伐採から悩ましい丸太と枝葉の処分

空き家R322でまず始めに取り掛かった屋敷林の伐採。古くから砺波地区の民家には暴風や火災から家を守る目的で杉やヒノキなどの針葉樹を家の周囲(特に西と南側)に植える文化がありました。その木が年月と共に成長し家を呑み込むほど巨大化してしまった屋敷林。「手入れする」というレベルを遥かに超えてしまい、「始末する」状態はR322だけの問題ではなくて、どの家も悩みの種になっていることだろうと思います。知り合い...続きを読む >

森林ボランティア養成研修「森づくり塾」

とやまの森づくりサポートセンターが窓口となって毎年度募集している「森づくり塾」をご存知ですか。僕も最近知ったのですが、県産材を使って住宅の新築や改築をしたお客様を対象にある助成「とやまの木で家づくり支援事業」をフラグシップは毎年活用しています。その申請訪問した農林振興センターに置いてあったとやまの森づくりサポートセンターのチラシでその活動を知りました。内容は県が森林ボランティアを養成研修するプログ...続きを読む >