快適に使いやすい暮らしを実現するためのエコリフォーム

今月上旬から始まっている富山市のエコリフォーム工事。これまでの家をもっと住みやすく使いやすくするために。自分たちの暮らしにもっとフィットさせるために行うリフォーム工事は、その願いを手に入れるためにやること。設計段階ではやりたいことが色々あり、一体どれくらいの費用が掛かるのか検討がつかない。だけれどリフォーム工事に使える予算はある程度決まっている。このような想いのお客様が殆どで、設計ではやりたい事と...続きを読む >

暑い夏を乗り切る方法

30度を超える日々が続いていて、夕方家に帰れば最高に暑い部屋が待っていて、さらに体力気力ともに参ってしまう方は大変な思いをされているでしょう。日中気温が高くなる予報が出ていて、夕方以降暑い部屋になるくらいなら「窓を開けて通風したほうがいい」と思われる方は多いです。でも風を通して部屋の温度を上げないようにすること。果たしてこのやり方がどの家にも当てはまるものなのかはちょっと疑問です。無断熱や、断熱材...続きを読む >

簾を付けて暑い夏を乗り切ろう

梅雨明けと同時に蒸し蒸しと暑い日が続いていて、外気温以上に湿気が不快に感じるためヴィンテージハウスはエアコンを午前中から稼働させています。東面には幅2.5メートルのテラス窓があり、日の出から9時過ぎくらいまでは室内に陽がしっかりと入って来ています。軒が深く屋根先より2メートル引いた所に窓があっても、角度が低い分ダイレクトに入って暑いです。直接入ってくる日差しは床板やガラス、壁仕上げなどの表面温度を上昇...続きを読む >

地鎮祭の在り方を改めて考えてみる

砺波市千代ではじまる家づくりの地鎮祭を先日無事に執り行いました。雨は降らずに涼しく風が心地良い日に、ご家族みんな揃って土地の神様に工事の安全祈願ができました。地鎮祭はその土地の神様、氏神様にお祓いして頂くことで工事安全とご家族の繁栄を祈願できます。しかし効率化の側面、会社専属と土地の氏神ではなく、どこの土地であっても同じ神社にお祓いしてもらう地鎮祭があると、来ていただいた神主さんに聞きました。お客...続きを読む >

段差を無くして使いやすくした洗面脱衣室

「狭い洗面室にある洗面台と脱衣スペースが使いにくくて困っている」相談会に来て頂いたのがきっかけで、現状困っていることとどうにかそれを改善して、普段をもっと使いやすくしたいご希望がありました。お話を伺い、後日改めて訪問して現地確認してきました。約一坪の洗面脱衣室は半分が樹脂バスリブの床で、段差を境に半分が土間となっています。下がった段差には洗面台と洗濯機が置かれていて、使用する際は履物を履くか、バス...続きを読む >

ピアノを置くことを考える

先日オーナーから「家のどこにピアノを置くと良いですか」と相談を受けています。お子さんがピアノ教室に通い始めたようで、ピアノの購入から検討していてとても悩んでいらっしゃいました。オーナーが購入予定のお店を見学した際、店スタッフからアップライトをかなり推され、折角購入するなら本物が良いかなと少し思っておられる。ただ重量と置き場所の問題が引っ掛かり、今のところ購入に至っていません。重量は約200kg。ピアノ...続きを読む >