DIYで使えるプロの道具

塗装やクロス仕上げをする前に必要なパテの工程。パテは平らに均す作業がとても難しく、DIYでは難易度が高い。パテをした後はサンドペーパーで更に平らに均す作業があるので、塗装やクロス仕上げより、漆喰や珪藻土などの塗り壁がDIY向きなのはそのためです。パテを平らに均して、それをサンドペーパーで更に磨いて平らにする。サンドペーパー工程では、パテを削っているので細かい粉が部屋中に舞います。防塵マスク、メガネと保護...続きを読む >

使うなら軽量でデザインされた脚立がいい

プロ仕様の道具は同じようにDIYでも使えるものは多いです。壁や天井と高い場所で作業するときに必要な脚立はプロもDIYerも軽くて丈夫なものがいい。脚立は軽量且つ丈夫さにプラスしてデザインされていればもっといい。使うことで上がるし、持っていてちょっと気分が良くなる。おススメ脚立は二大メーカー「hasegawa」と「アルインコ」HasegawaはRZB1.0(ゴルゴ13)脚軽ブラック。アルインコはJAGUAR。どちらもカラーにブラックがあ...続きを読む >

DIYerにオススメのインパクトドライバー

木工のDIYを始めるときに揃えておきたい基本工具は、丸ノコとインパクトドライバーです。この2台があれば大体の造作が可能なので、初心者DIYerはまずこれらを揃えてから始めてほしい。メーカー、種類と豊富な丸ノコとインパクトドライバー。一体どれを選択すれば良いのかとても迷います。電動工具にはプロ用とDIY用が用意されていて、耐久性が異なります。電動工具にはモーターが内蔵されていて、耐用期間の違いからプロかDIYかに...続きを読む >

白の指金(さしがね)

使っていた指金の目盛りが薄く消えてきたので、新しく購入することに。指金と言えばシルバーのステン色が基本です。ただ誰でも持っているモノ以外で拘りたいのがDIYer。多少ブームに乗っかる形でも、自分がいいなと思える道具を手にすれば作業のテンションは上がります。見つけたのは「白の指金」。メーカーは計測器で信頼のシンワ。白色は道具コーナーで目を引くほど目立っていました。目立つことは良いことで現場は大体暗いもの...続きを読む >

インパクトドライバーにセットする木工錐(きり)の違い

木工でつくりものをする時は切断と孔開け、ビス打ちくらいで大体何でも作れます。孔開けとビス打ちはインパクトドライバーがあると最高に便利。初心者はまずインパクトと丸ノコを揃えるといい、と言えるくらいDIYでは必需工具になります。インパクトドライバーにセットできるビットや錐は六角軸のもの。他に丸や三本溝軸がありますが六角軸を買ってください。今回は孔開けに使用する木工錐で先ネジと先三角の2種類があるのでご紹...続きを読む >

小幅の板を切断するマルノコスタンド

DIYで木工をしていると、小さな部材を使って色々つくりたくなる。例えば窓枠の端材でフレームをつくる。巾木の端材でコースターをつくる。フローリングの実をつかって箸をつくる等。フローリングであれば幅約100ミリ。これまではその幅から小さな部材に切断する際はスライド丸ノコを使っていたが、小さな部材を押さえながら丸ノコをスライドさせる動作は結構危険。なにか良い切断方法がないかと探して見つけたのがマルノコス...続きを読む >