これからのリノベーション 断熱・気密編

これから家のリフォームを検討している人に役立つ「これからのリノベーション 断熱・気密編」リノベーション、リフォームはキッチンや洗面所と水廻りの老朽化から更新する水廻りリフォームが多い。そのときにお客様自身に断熱や気密の知識があると、単純に設備品を入れ替えるだけでなく、より快適にするためにはどうすれば良いかと考えられるようになります。「断熱と気密は専門的すぎて難しいから、工務店や大工さんに任せておけ...続きを読む >

これからDIYを始めたいDIYerにおススメする本

DIYにチャレンジしたいけれど、どうすればいいかわからない。そんなDIYerの悩みを解決してくれ、チャレンジする前向きな気持ちにさせてくれる本があるのでご紹介。「ともにつくるDIYワークショップ リノベーション空間と8つのメソッド」です。著者は設計施工を経営する工務店、つみき設計施工社の夫婦。若い二人が施主であるオーナー、その友人、知り合いを巻き込みDIYワークショップをやることで、出来ること、得られること、気...続きを読む >

庭に植えたい草花や庭木を選ぶのに役立つ図鑑

外構工事で外せないのは樹木や草花を植栽すること。木の傍を通って玄関までアプローチする。通りからの視線を切る位置に中高木を植える。土間や踏み石の隙間にグランドカバーを這わすなど木や草花の魅力と効果は絶大。しかしどんな木や草花がその家やお客様の雰囲気に良いかを選ぶのはいつも悩みます。何百種類の中から選んで「この家とお客様に相応しい木はこれです」と自信をもって提案、、、とまでは至っていない。種類と特徴を...続きを読む >

家づくりを始める人が読むといい本

ここまで「暮らし」にフォーカスした本はなかなかないなと思える本をご紹介。家づくりの玉手箱「吉岡さんちの暮らし」鹿児島の工務店、シンケンのスタッフ吉岡さんが著者。シンケンが設計施工した新築住宅に7年住み「暮らしの中で創意工夫した様子」がビフォーアフターの写真をたくさん揃えてありとても面白いし、他人様の習性が垣間見られて設計士の端くれ程度の僕が読んでも興味深い内容になっています。構造や断熱、デザインと...続きを読む >

「成功する間取りの法則」建築知識ビルダーズVol,27

気になる記事掲載があれば買っている建築知識ビルダーズ。最新号Vol,27は秋山設計道場の講師、秋山東一さんが考える設計メソッドが巻頭。一昨年、半年かけて参加した道場では頭をフル回転させ手をひたすら動かすという正に体で覚えた秋山メソッドを今号記事で復習することになって楽しく読めました。P12,13にある1~6の流れは、プラン創作時のルールとして道場卒業以来忘れることなく抑えるようにしています。住む人が「い...続きを読む >

家づくり、最初に知っておきたい基礎知識が理解できる本

これから家を建てようとかリノベ、リフォームをしようと計画のお客様が寒くない家や暖かい家にするためにどうすれば良いか。設計士や工務店にお任せすることが前提でも、自分の家だから学び、ある程度の基礎知識を習得されたい方に特におススメする本がこちら。「あたらしい家づくりの教科書」です。建築業界の第一線でご活躍されている専門家ばかりの執筆者9名。内容は家の温熱環境について一般のお客様に解りやすくする伝える為...続きを読む >