洗面と脱衣を行う部屋を分けて考える

洗面台のある部屋と脱衣をする部屋を共有する洗面脱衣室。水廻りを集合させることは配管経路が合理化できてコスト減や万が一水漏れしても点検発見がやり易いメリットがある。ただ使い勝手や暮らしの動線を考えると必ず近い方がいいわけでもなくなります。暮らしをイメージしてみると、、、お父さんが入浴中だと洗面脱衣室にある洗面台を年頃の娘さんが使えない。理由はだいたい想像が付きますよね。その逆もあり得るしお母さんと息...続きを読む >

寝室と繋がるクローゼットの施工例

アウターやスーツにジャケットとジーパン。下着や靴下にタオル。衣類のクローゼットをどこの位置に設置するかはお客様のライフスタイルでかなり違うもの。衣類クローゼットは大きく分けて3タイプあると考えていて1、寝室からアクセスできる位置にする2、洗濯室(物干し場)により近い位置にする3、家族クローゼット、更衣室のイメージで脱衣室などに近い位置にする暮らし方リズムや片付けの観点から大体この3つを設計の候補と...続きを読む >

廻れる動線がある間取りは楽しい

室内で人の動きが行き止まらず、廻れる動線にすると暮らしにストレスが少なくなると思う。回遊動線をつくれば人の動くスペースが必要だから、その分床面積は増えてしまう。それなら余計な廊下などを省いて面積を増やさない努力をします。突き当りがあると、空気が淀み清潔とは言いにくい場所がどうしても出来る。そうなるとゴミ箱が置かれ、不要な箱が積まれ片付かない。人が通るならモノがあると邪魔になるので、モノは置かない。...続きを読む >

キッチンやパントリーからアクセス出来る勝手口が便利

スーパーで買い物した重い袋を持って勝手口から入る。生協を利用しているので、通い箱をキッチンの近くの入り口に置きたい。生ごみは都度、外部に出しておきたい。土の付いた野菜や、泥汚れがひどい子どもの靴を一時的に置く。このような要望から実現した勝手口をご紹介します。まずプランニングで気を付けていることは、お客様のライフスタイルに無理がなくストレスフリーとするにはどうすればいいかを考えます。シンプルな動線。...続きを読む >

子ども室→趣味室→ゲストルーム

昨日のつづきです。兄弟姉妹がいれば大きい空間をみんなで使った方が楽しいと思いませんか。その中で、ベットや衣装ケース、デスクなどを自由に配置を変化させカスタマイズしながら自らのスペースを創り出す。「はい、ここを貴方の専用部屋として使いなさい」と4畳半の部屋をそれぞれに与えるより子どもは創造力を働かせてくれるし、ひとつ屋根の下での共同生活が維持される。個室をつくれば、部屋数分の空調機器やファンヒーター...続きを読む >

予備室→子ども室→趣味室など

16帖ほどのサイズを一室空間とした。左手のカウンターは余裕で2人使用できる長さでデスクとして活用出来ます。先日プラン提出したお客様の家でも提案した予備室について。予備室(フリースペース)とは、将来的には子ども室を想定し巣だったあとは夫婦の部屋やゲストルーム、趣味室として利用できる空間と考えています。部屋というよりは空間という方が合っていますが、要は細かく壁で区切るような設計にはしないことなのです。...続きを読む >