庭がある暮らしが自分に合っているか

ヴィンテージハウスR322の土地の広さは250坪あります。この地域で古くから建っている家では当たり前の面積。これだけ広ければ除草や、庭木の管理に手間と費用がかかります。整形された分譲地であれば大きくて70坪。それと比較すれば3倍以上広く、維持管理の手間と費用は単純に3倍かかる。手間ひまかかる庭を持つことが、僕の暮らし方に合っているかどうか。工事中から引っ越して現在まで、雑草抜き、庭木の整備、側溝の清掃と2週間...続きを読む >

庭で採れた果物でジャムをつくる木のある暮らし

ヴィンテージハウスR322は沢山の樹々に囲まれています。引き継いだ当時は森のようで、現在の倍以上の本数と背のある木でしたが、木こりさんと植木やさんの力を借りて、今は手入れできる範囲の種類に納まっています。庭木で果物のなる木は、いちじく、柿、梅です。古い家で定番の木は地域のどの家にもある樹木。実が成るため防除など管理をしっかりして害虫を駆除する手間はかかります。手間がかかる分、今年も育ったなあと季節を感...続きを読む >

自然の移り変わりに沿った植栽

空梅雨模様が続いていて草木や農作物にとっては微妙な日々。移植間もないお客様、木の水やりを忘れないように様子を見ながら散水しましょう!先日森づくり塾で学習してきて、どのような木が植える庭の気候に合っているのかを改めて考えるようになりました。一日かけて森を歩いて気が付いたこと。生物学の先生の話しを反芻してわかってきたこと。それは「森で育っている木を庭へ植えるのが適している」。例えばコナラやヤマボウシ、...続きを読む >

自分らしいインテリアを演出してくれる観葉植物

寒~い冬真っ只中のこのごろだけれどオフィスにある観葉植物は寒くて暗い冬でも僕たちに元気をくれるいい存在。観葉植物は普段の水やり以外にも剪定、施肥、土の入れ替え、温度管理と手入れする手間ひまがかかるから誰でもチャレンジして!とは言えないけれど、僕も含めてインテリアに置いて育てた感想としては、マメに観察すると成長が面白いしインテリアが充実していいです。観葉植物はゴールデンウイークあたりから流通が増える...続きを読む >

簡単に出来る冬の植え込み養生の仕方

こちら富山は冬らしい降雪が続いていて50センチは積もったようだ。昨日は用事で金沢と今日は富山市内まで行って来ましたが積雪量が全く違って少ない笑。エリアでもかなり差があるのを実感した昨日今日。降雪があると普段とは全く違う状態になるのが家の面白いところ。これまで設計したオーナー宅を巡回して屋根雪の落雪、車の出入り、前面道路の除雪、近隣、植え込みと気になるところを観察するようにしています。フラグシップは...続きを読む >

外構の設えをキチンとする

砺波にはファミリー向けの大東建託やダイワハウスの賃貸アパートが多く新築されている。最近ではダイワハウスのD-roomをたくさん見かけるけれど、完成後すぐに満室になるほどの人気ぶり。それ以外でも綺麗な賃貸はどこも人気でほぼ部屋が埋まっています。人気の理由は何か?新築できれいなのは当然人気だけど、共有階段やアプローチ、集合ポストの清掃が行き届いている。 駐車場や花壇の草むしりがなされ整備されているなど、美化...続きを読む >