外壁に木板を張るときにひと手間を加える

木板を縦方向に張る場合、外壁の長さは長いところで7~8メートル。板の定尺は4メートルになるので、途中で必ず継ぐことになります。外壁は雨水の侵入を防ぐ役割があるので、木を使っていてもその役目をきちんと果たす必要があります。外壁途中で板を継ぐと雨水が外壁裏側にまわってしまい、処理が甘いと通気層側に漏れる。最悪壁内にまで雨水が侵入してしまいます。そうならないように様々な工法を取って予防しますが、板の継目を...続きを読む >

杉板を外壁に張るデザイン

これまで設計してきた家の外壁には決まって木の板、杉板を張ったデザインにしてきました。これが結構評判良く、杉板=フラグシップ定番外壁となりつつあります。杉板はコストと木の表情から節有を選んでいます。無節は見た目がスッキリと綺麗な印象ですが節があってこそ木そのものの感じがいいし、防腐塗装をして着色を施すことから節有を選択します。「外壁に木を張ると腐る」とイメージされる方はとても多いです。適切な工法が取...続きを読む >

シンプルな外壁/杉下見板張り

家の外壁はパッと人の目に触れやすく建物の印象を決定付ける要素があるので、屋根の形、建物の高さ、外壁の凸凹とデザイン、素材選びは慎重に且つ楽しんでやっています。フラグシップのお客様には耐久性がありメンテがあまり掛からないガルバリウム鋼板と、上品で素朴な杉板の組み合わせで外壁を構成するように提案しています。そのうち杉板は下見板張り工法で巾18センチの板を下から上へと順に張り上げていくやり方を多く取り入...続きを読む >

杉を使った外壁の工法を新たに試してみる

以前杉下見板の留める釘のことを記事にしましたが、毎月購読している新建ハウジングプラスワンという業界誌の最新号で木の外壁特集がされていた。僕のブログとタイムリーにシンクロしたので調子に乗ってもうひとつ書きます笑。現在施工している杉外壁仕様は、チャレンジ的な要素がありその後の経年変化をみて使用するのに問題なければ、提案して行こうと考えています。素材は無垢の木。いつものとやまの杉です。天日干しした天然乾...続きを読む >

外壁杉下見板の張り方に使う釘の種類

フラグシップで定番としている外壁仕上げに、下見板張りがあります。下見板張りと言えば鎧張りとも言うし、地域によって様々な呼び名があるのも特徴。使う素材は杉の節有としていて、それ以外はありません。表面はプレーナー加工という機械カンナで削られ、塗装を施して仕上げます。そしてこの下見板を留める釘を何にするかが結構悩みどころなのです。現在は鉄丸釘の65ミリを標準的に使っていますが、もっといい金物(釘等)はな...続きを読む >