窓の外に残っている雪と室内の温度との関係

寒気再来でまたの降雪。皆さん日々の除雪ご苦労様です。近年少なかった雪が一気に降ったような気候は、なにをするにもまずは除雪作業から。低温の降雪は地吹雪になりやすく、南よりの風は横からと下からと雪が舞ってあちこちと着雪させます。吹雪くと窓ガラスに雪がひっつき、窓枠に積もる状態は見たことある方多いでしょう。我が家の窓はYKKAP高性能窓APW430。樹脂窓にトリプルガラスの組み合わせは国内トップ。価格もトップクラ...続きを読む >

YKKapの高性能樹脂窓はやっぱり高性能

夜中の気温がマイナス7度など最近の最低気温は低すぎます。自宅はエアコン4.0kw(14畳用)だけで暖房していましたが、外が寒いせいか霜取り運転を頻繁にするエアコンに少々不満。本意ではないけれど、とうとうセラミックヒーターを引っ張り出してしまった苦笑。さてリフォーム後の自宅に昨年引っ越して1年ちょっとで2回目の冬です。朝起きた時や、夜の窓辺にいる時など窓の性能の高さには驚かされます。採用している窓はYKKap...続きを読む >

住宅関連に手厚い補助金制度

かねてから八尾町/丸山の家の「住宅ストック循環支援事業補助金」交付申請をしていて本日交付決定通知書が届きました!これで一安心です。制度の概要は、以前あった耐震性のない古い住宅を除却(解体)して、エコ住宅に建替えることで補助対象となる制度。エコ住宅とは登録住宅性能評価機関等の第三者機関により、省エネ性能等の証明を受けたBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)☆☆☆☆☆の性能レベルの住宅です。丸山の家は...続きを読む >

今年の冬にかかった我が家の暖房費

暖かい日が徐々に増えて暖房を付けなくても過ごせる季節になって来ました。昨年の11月にリフォームした実家へ引っ越して12月~3月までの暖房費が出そろったので、家づくりやリフォームを考えている人の参考になればと思いご紹介します。計算ソフトでシミュレーションしたリフォーム後の性能は、Q値(熱損失係数)2.0、年間暖房電力消費量1,461kWh、年間暖房電気料金21,381円となっていました。以下が暖房のみの計算と実際の差...続きを読む >

住宅の省エネ性能をラベル表示で比較が出来る「BELS」

昨年の4月1日からスタートした省エネ性能表示制度。この制度で使われている第三者認証ラベルを「BELS(ベルス)と言います。BELSはその建物の省エネ性能から燃費がどの程度であるのかを★の数で表示。一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関が客観的に評価して★の数を出してくれるもの。(★5個が最高レベル)これまでは決まった表示がなくQ値やUA値といった外皮性能から独自のソフトなどで計算して省エネ性能を確認し光熱費を...続きを読む >

軒の持つ効果を再カクニンする

少しは雪の天気が落ち着いたのかと思えば外気温がちょっと高い。ドカ雪後の気温上昇は雪崩の警戒が必要だし早朝雪解け水が凍結していれば登校する児童が転倒する危険が増える。徐々にとか程々に変化してくれると僕らにとってはいいのにねえ。先日からの降雪でお客様の家を巡回して来て改めて「これでいい」と再カクニン出来たことがあった。それは「軒」です。家には軒があってそれが必要な理由がいくつもあります。近頃は先端なデ...続きを読む >