通風量がアップするクリアネット網戸

窓開けが心地よい季節に欠かせないのが窓の網戸です。引違い窓などのスライド網戸や、すべり出し窓に使うロール網戸と操作方法のバリエーションは豊富。素材はポリプロピレンのブラック色が主流になります。通風と虫の侵入を防止する目的の網戸。ただ網はガラス面に必ずあり眺望はそこそこ損なわれてしまいます。ロール網戸は使うときにだけ引き出しますが、固定やスライド網戸は常にガラス面に映っています。網戸の存在は案外気に...続きを読む >

かっこいいワークウェアを着て気分を上げよう

春になれば屋外作業が増えます。まずは雪に備えた雪囲いと雪吊りを外して片付ける。出番の無かった除雪機のガソリンを抜いて整備しておく。そして出荷されるコメの苗をハウスへ搬入するなど。屋外作業に欠かせないのがワークウェアです。オシャレ着、アウトドア、トレーニングウェアとお下がりから間に合わせてもいい。以前の僕は仕事着を下げてワークウェアにしていました。ただもっとしっかりとした生地と、ガンガン洗って良く乾...続きを読む >

連続した組み合わせができる窓

フラグシップがスタンダードとしている樹脂窓。現在は性能、コストパフォーマンスを買ってYKKapのAPWシリーズを多く採用しています。寝室以外は結露が発生しない点と、オーナーから評価されている優れた窓です。その樹脂窓APWに従来アルミサッシでラインナップされていた連窓、段窓「ジョイント窓」が発売されました。連窓、段窓とは別々の種類を組み合わせた窓のこと。例えばたてすべり窓とFIXを組み合わせて、装飾にデザインした...続きを読む >

おススメのワークウェア

作業するときはワークウェアをばっちり決めて行いたい。ただ軽作業やワークウェアを着るまでではない場合だってある。軽作業であっても少し汚れが気になる場合は、キッチンでエプロンを着ける感覚でさっと着けて作業ができるといい。そこでおススメなのが、帆布生地でしっかりした織りが特徴のワークウェアです。薪、荷物を運ぶときはお腹や胸に引き寄せて運ぶと身体に負担が少ない。生地がしっかりとしたウェアは、硬い薪が擦って...続きを読む >

暑い身体をクールダウンする方法

まだまだ続いている30度超えの日々。堪えますね。仕事とは言え現場作業をこなす職人には頭が下がります。こまめに休息を取って水分補給と、それぞれが用心すること、お互いの声掛けで注意深くすることで暑く長い夏を乗り越えて行こう。休息や水分補給以外で行える暑さ対策で、電気やさんが身に着けていたジャケットに付いているファン。ファンが腰両脇についていてバッテリーで稼働している。襟と袖を留めて身体をある程度包み込む...続きを読む >

焚き付けを安全に作れる「キンドリングクラッカー」

薪ストーブに欠かせない薪の準備。そして薪の着火で必要な焚き付けは薪と同じほどの量を使う。焚き付けになる材料は、フローリングや窓枠建具枠の端材で在庫は豊富。材料があっても割る手間は意外とかかります。鉈を使う方法は、焚き付けを手で支持して手に向かって鉈を振り下ろす動作が危なっかしい。グローブをしていてもちょっと不安はあります。調べているとキンドリングクラッカーのことを知り、これは良さそうだったので即購...続きを読む >