オープン外構で景観を整える

道路や隣家からの侵入防止や外部から見られたくないためにする目隠し。敷地を明確に区切るために敷地境界線側にフェンスや垣根を立てる外構があります。自分の家の事を考えれば、他人が勝手に敷地内へ入って来て欲しくはないし、通行人に家の中と庭を簡単に見られたくない。敷地を使って通行車両がUターンしないようにと、フェンスや垣根はあった方がいい。しかしフェンスに垣根を設置しない方が良い側面もあるので、これから外構...続きを読む >

夏の水道管結露に注意しましょう

梅雨らしいジメジメした天気が続いていて、気温が高く湿気が多いとカビの発生を心配している方はとても多い。カビの発生場所は、特に閉め切っている収納の下足入れとクローゼットや、キッチンに洗面台は注意深く点検しておきたいところです。そしてキッチンと洗面台には床下から立ち上がっている水道管があって、梅雨の時期は尚更点検と注意が必要になります。なにを点検して注意が必要なのかは、水道管の「結露」です。蛇口を開け...続きを読む >

地鎮祭の在り方を改めて考えてみる

砺波市千代ではじまる家づくりの地鎮祭を先日無事に執り行いました。雨は降らずに涼しく風が心地良い日に、ご家族みんな揃って土地の神様に工事の安全祈願ができました。地鎮祭はその土地の神様、氏神様にお祓いして頂くことで工事安全とご家族の繁栄を祈願できます。しかし効率化の側面、会社専属と土地の氏神ではなく、どこの土地であっても同じ神社にお祓いしてもらう地鎮祭があると、来ていただいた神主さんに聞きました。お客...続きを読む >

外壁貫通部の防水処置はこうやります

家の状態を永くいつまでも快適に使えるようにするために、一番避けたいのが雨漏りです。雨漏りに気がついたときは既に手遅れの場合が多く、仮に発見してからも雨の侵入口を突き止める作業はとてつもなく時間が掛かります。工事中から設計と施工管理をキチンと行い、引渡し後の雨漏りリスクを回避するよう努めています。雨漏りリスクの高い箇所で上げられるのは、換気扇やエアコンダクトなどの外壁を貫通する部分です。外壁に滴る雨...続きを読む >

段差を無くして使いやすくした洗面脱衣室

「狭い洗面室にある洗面台と脱衣スペースが使いにくくて困っている」相談会に来て頂いたのがきっかけで、現状困っていることとどうにかそれを改善して、普段をもっと使いやすくしたいご希望がありました。お話を伺い、後日改めて訪問して現地確認してきました。約一坪の洗面脱衣室は半分が樹脂バスリブの床で、段差を境に半分が土間となっています。下がった段差には洗面台と洗濯機が置かれていて、使用する際は履物を履くか、バス...続きを読む >

施工エリアを改めてみました

大変有り難いことで最近問い合わせが増えています。問い合わせ内容はお客様の要望やご都合より様々で、僕たちの考えとお客様の想いが合えば是非お応えしたい。ただスケジュールやご予算以前に、弊社よりお客様の工事場所、現地への移動距離を改めてお伝えできれば、フラグシップに依頼頂く前段階で、選択のご判断をしてもらえるだろうと考えまとめてみました。移動の基本は一般道を使った車になります。一言でコレ!は大変難しい部...続きを読む >