床はりワークショップありがとうございました

13、14日とビンテージハウスR322で床はりワークショップを開催しました。参加して頂いたみなさんありがとうございます。張る面積は10坪。下地の段階から床板を張ることと、板と板同士をピッタリ隙間なく張る作業は難しくどんどん作業が進むワケではありません。そこはDIYならではで、「体験する・楽しむ」ことが目的だったので良い日となりました。実際の作業は、僕や大工さんが板を張る長さに切断したものを、インパク...続きを読む >

無垢の木の赤いキッチン

広島に本社がある建材メーカーのウッドワンから限定販売するシステムキッチン「スイージー(su:iji)」の特別仕様が面白い。ウッドワンHP http://www.woodone.co.jp/product/kitchen/flamekitchen/ウッドワンのキッチンは他メーカーと違って、個性あるこだわり派の施主に受ける商品をラインナップしている楽しいメーカーだ。限定販売とは言えここまでやりますか!とツッコミたくなる楽しいキッチン「無垢の木の赤いカープキ...続きを読む >

材料を選択するときに決めていること

家をつくるとき。店舗の内装を手がけるとき。様々な材料を使いそれらを組み合わせて仕上げるのが建築の面白いところ。世間に溢れる材料のどれを使えば良いものに仕上がるのか?材料選択の決定はお客様の利益、社会性、会社の理念がミックスされ慎重に選択するようにしています。そして選択をする際に忘れてならないのが「その材料が持続可能なものかどうか」です。持続可能とは何のことか。考えはとてもシンプルで、ひとつはその使...続きを読む >

伐採した枝をチップにした後の活用術

春に伐採した樹木の枝や丸太をチッパー機で粉砕して山のように溜まったチップ。雪が降る前までには始末したい思いでようやく行先と使い道が定まった。まずは自分の土地へ撒くことです。広い土地で悩ましいのは雑草の処理。それを抑える効果としてチップは有効なので美観を損ねないところ、日当たりの良い場所を選んで敷いてみました。敷いてみた感想として、チップは雑草抑えに効果はあってもそれ自体締め固まることはない。車が入...続きを読む >

チューリップ朝市に出店できて

8日は予定通りチューリップ朝市に出店してきました。先日のブログでお伝えしていましたが、2010年から始まった朝市が8日の開催を最後に終了となりました。2014年9月が初出店のフラグシップは、「現場から出た端材を再利用して造作したモノ」を商品にして来場される皆さんとの出会いを求めて参加していました。出始めの頃は「商品を売る」目的が強く、いくつ売れたとか売り上げなどを気にしていました。出店料があるし出...続きを読む >

床板はりワークショップ開催 in ビンテージハウスR322!!

大工さんや仲間の業者の力と技術をもらい着々と進行しているビンテージハウスR322の大リノベーション工事。そろそろ内装工事に差し掛かろうとしているタイミングでワークショップを開催いたします!進行している工事現場で行われるワークショップは全国を見渡してもそうないイベント。大切なお客様の家ではなく、僕たちの家だから実現可能なワークショップなので我こそはというDIYerは是非参加ください。経験者未経験者問いま...続きを読む >